住宅ロ−ン借り換えについて

住宅ロ−ンの借り換えは、基本的に新規の住宅ロ−ンを借りるのと同じことです。A銀行で借りていた住宅ロ−ンより低い金利の住宅ロ−ンをB銀行で借りて返済することです。

 

問題は借り換えして得するかということになります。B銀行で借りる借り換えロ−ンは新規の住宅ロ−ンの扱いになりますから、登記関係費用や火災保険、それに保証料などの諸経費は、新規の場合と同じようにかかります。

 

簡単な損得の考え方は、各種費用とA銀行で完済まで払い続ける金利の合計額と比べて、B銀行で借り換えしたロ−ンの完済までの支払利息の方が少なければ借り換えするほうが得になるという言うことです。この計算は銀行に依頼すれば簡単にやってくれますから、銀行の貸付窓口で相談されるのが良いでしょう。

 

借り換えで注意したいこと

住宅ロ−ンの借り換えを勧められた場合の注意点は幾つかありますが、最も注意すべきことは借り換えた後の住宅ロ−ンの金利であると思います。なぜなら今の住宅ロ−ン(公的資金も含む)がやや高い目であっても、固定金利であれば最終的に損にはならないケ−スが発生するからです。その現象は借り換えたロ−ンの返済形態、大まかにいうと固定金利か変動金利かによって起きます。

 

固定金利であれば借り換えて損すると言うことはないでしょう。しかし変動金利ですと将来の金利変動が不確かですから、借り換え時点の低い金利に惑わされないように注意しなくてはなりません。

 

変動金利であるにもかかわらず、銀行の窓口で、恰もこの低金利が完済時点まで続くような錯覚をしてしまうことがあります。率直に言ってこの低金利は続くことはないと思います。借り換えの金利は固定金利がベストではないでしょうか。