融資限度額についてと返済可能な金額

住宅を購入する際は、ほとんどの方が何らかの住宅ローンを利用すると思います。現金一括で住宅を購入するというケースはまずありえないことですので、期間の長さはどうであれ住宅ローンを利用してお金を借り、月々返済をしていくのが一般的です。

 

住宅ローンを組む際には、まずは仮審査を受けることを勧める不動産会社が多いでしょう。仮審査によって大まかな融資の額が分からない状態で住宅の売買手続きを始めるのは購入者の為にならないからです。

 

仮審査の結果によって、希望している物件が購入できそうだと判断したら実際の購入手続きに入っていくことでしょう。

 

ですが金融機関が提示してくる融資限度額は、実生活と照らし合わせて無理のない金額であるかをきちんと把握しておく必要があります。多くの場合、現状の家計状況からでは返済できないくらいの融資額を提示してくることがあるのです。

 

もちろんこれは金融機関が貸せる限度額であって、利用者が返せる金額というわけではありません。

 

まだ借りられますよという言葉を鵜呑みにして限度額いっぱいまで借りてしまうと返済に苦しむことになりますので、自分の返済能力を把握したうえで借り入れを行うことが重要です。